Fishing Report 2004/03/20

Date 2004/03/20
Field 近所の池
天候 曇りのち雨
水温 10℃〜12℃
TITLE:交通事故を求めて!?
先週のトーナメントでは2位になったものの、春のデカバスをキャッチしていないこともあり、欲求不満が溜まっていた為、近場の池に浮かぶことに決定。
事前の情報から、デカバスは深場の絡むシャローでスピナベやクランクに単発ながらも反応がイイようだった。
ただし、交通事故的な要素が強く一日中投げ続けられるような忍耐の釣りかな?というのが事前の予想だった。

当日、天気予報では何とか天気は持つものの、それほど気温は上がらず曇りであるとのこと、予報を信じて6:30には湖上の人となっていた。

まずは先週の試合でフージーが「あきらかに50だった!」のをバラしたワンドをチェック。クランクを取っ替えひっ替え投げまくるもアタリすらなし・・・日が昇ってから再度チェックだ!と、移動。
馬の背になっているポイントに入る、ここでもクランク、スピナベ、サスペンドシャッドと投げていくがダメ。すると後から入ってきたボーターが1匹キャッチ、遠目にみるとテキサスかラバジのようだった。ここでワームにチェンジしても自分のやりたいパターンではない為、テキサスのロッドに手が行くのをグッと我慢して、小移動、先週キーパーを獲ったポイントに入る。
が、冷たいバス君に相手にもされず、しかもまで降り始めてきた、しかも相当冷たい(T T

こうなったら「とりあえず1匹だ!」と、テキサスリグに持ち替えて、岬周りを打って行く。めでたく何投目かでバスをキャッチ!気づくと雨も小降りになっていた。
「もうちょうやってくか!」と気合を入れなおして移動を繰り返すが、この頃すでに最初の目標は忘れ去られ、テキサスリグを投げまくってました・・・(だからダメなんだよね(^^;)

1匹を追加し時間も昼近くになってきたのだが、雨も降ったり止んだり。雨+釣れない状況で1日釣り出来るほどタフではない為、 お昼で上がることに決定。

そこで再度、馬の背に入りテキサスリグで打っていくことにした。背の頂上に落としゆっくりと駆け上がりにそって落とし込んでいく、何投目かで微妙なバイトを感じ、ソーっと聞き合わせすると確かに咥えているようだ!?すかさず渾身のフッキング!!バイトとは裏腹に急激にロッドが絞り込まれる「ありゃ?まあまあかな??」と、抜きあげて図ると43cm/1200gのメスでした。

で、キリがいいのでここで終了。来週こそは春の大ブレイクを期待してます。

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.