Fishing Report 2004/04/17

Date 2004/04/17
Field 近所の池
天候 晴れ
水温 20℃
TITLE:激シブスタート!?
東京に住んでいた頃のバス釣り仲間である「東京のプレデター」が、今回で通算3回目を数える「讃岐バスツアー」(すでに恒例行事です(^^)の為、金曜日の最終便の飛行機で香川入りしていた。私も彼の狩りをサポートする為、会社の代休を貯めておいたので、準備万端で実釣3日間のスタートとなった。

まず1日目は通いなれた近所の池へ、フジーズ軍団も加わって3隻で釣りをスタート。これだけ居れば誰かがパターン見つけるでしょう(^^

まずは岸沿いを巻物中心で打って行く、予想としては大方のメスバスはスポーンが終了していると思われる。ストラクチャーをタイトに攻めて行くがバイトが無い・・・

少し移動してシャローに絡むブレイクをスピナベで攻めてみる。と、ココで本日1匹目のバスをキャッチ。サイズは30半ばのオス!?っぽい感じ、もしかしたらネストを守ってる個体かもしれない。

そのままバックウォーターに向かって岸沿いを流して行くが、たまーにアタリはあるものの、フッキングまで至らないものばかり。
しばらく流し続けて、ようやく2本目をスピナベでキャッチ。この時点でかなり時間は経過している「ヤバイ(^^;」わざわざ讃岐まで遠征してきて、ノーフィッシュじゃシャレにならない。ここで情報を得る為フージーに電話、どうやら数はボチボチ出ているようだが、型がいまいちとのこと。やはりあちらも苦労しているようだ。
手を変え品を変えバスを探していくが、相変わらずバイトはあるもののつれない状態・・・、でやってしまいました。ゲストノーフィッシュ(TT TT
はい、弁解はいたしません。私が悪いんです、修行が足りないんです・・・

その後、スロープまで戻ると別の友人が出船するタイミング、後で情報を貰う約束をして1日目は終了した。

家に着いたか着かないかのタイミングで先ほど友人から電話があり、開口一番「ホントに釣りしてたの??」僕「へっ!?」
聞くところによると、シャローのカバーにラバージグを落とすだけで、いとも簡単にキロフィッシュが釣れていて、すでに6Kg〜7Kgの釣果とのこと。
にわかに信じられなかったが、その友人は普段の試合でも驚異的な強さを見せる鬼なので間違いないのだろう。悔しいがこれが実力の差かなと、諦め次のリベンジを誓うのであった。

実釣2日目に続く・・・

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.