Fishing Report 2004/05/21

Date 2004/05/21
Field 愛媛のダム
天候 晴れ
水温 19℃
TITLE:ターミネーター来讃
今日から3日間、友人である「ターミネーター」(注:4月に来たのはプレデター)が、遠路はるばる東京から僕を訪ねてきてくれた。
こういうのってメチャ嬉しいです。コッチも普段関東のフィールドで辛い釣りを強いられている友人に、なんとかイイ思いをして帰ってもらいたい。

そんな願いをブチ壊すがごとく、数日前から天気予報では台風接近を伝えていた。前々日までの予報では見事日程の2/3が雨(^^;
正直「止めたほうがイイのでは・・・?」とも思ったが、なんと直前になって台風の進路がずれ、3日間とも快晴の予報に変わっていた。
これにはビックリ。ターミネーターの日ごろの行いが良いのか、台風も恐れをなしたのか!?なにはともあれ、天気に悩まされることは無さそう。ただし、前日までの大雨がフィールドに影響を与えていることは必至!依然厳しい状況に変わりはないが、まずは4月にプレデターと爆釣した愛媛のダムに出掛けることになった。

9:00過ぎに現地到着、やはり濁りが入っている。が、この湖なら釣れない事はないでしょう??ってことで早速実釣開始!
まずは前回調子の良かったスピナベを取り出してキャスト、しばらくしてアベレージサイズをキャッチ。しかし、後が続かずライトリグにチェンジ、普段ならここからは「入れパク状態」になるはずなのだが、 やはり濁りの影響か反応は思わしくない。

それでも、あるワームと釣り方で飽きない程度にキャッチしていく。
実はターミネーター、この湖は2回目なのである。前回はそれこそ「入れ食い!」を経験しているので、今日の状況に少なからずショックを受けているようだ。

そこで、「インレットは既にイイ水が入って来始めてるかもしれない」と考え移動。すると思惑通り、かなりクリアーな水が流れ込んでいる(^^v
「いっただきぃ〜!」と濁りとの境目を狙うポジションでキャスト、すぐに答えは出た。
今までの魚とは違う良型が立て続けにヒット!にわかに暗〜くなりかけていた雰囲気が明るくなってきた(^^
ひとしきり釣ってから別のインレット、メインのバックウォーターを目指すことにした。

やはりイイ水が流れ込んでいる、ごみの下に目を凝らすと良型がウロウロしている様子が見えた。「おまえらイタダキ〜!!」とキャスト、一発で食ってくる!「た、楽しい(*^^*」
このあたりから2人とも「爆釣モード」に突入!釣っても釣ってもバスが湧いてくる感じ。

ターミネーターも大満足!?かなりの釣果を上げ、夕方、納竿としました。
一時はヤバイかと心配したが思いもよらず大漁。イイ感じで1日目のスタートとなりました。

2日目へと続く・・・

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.