Tornament Report 2004/05/23

Date 2004/05/23
Field 近所の池
天候 晴れ
水温 22℃
結果:3位
ターミネーター讃岐釣行のフィナーレは、僕が普段参加しているトーナメントへのスポット参戦(僕と同船)で締める事となった。
というのも、実は去年偶然日程が重なり参戦したのだが、ケチョンけちょんにやられ、今年はそのリベンジなのである、まさに「I'll be back」

今回の参加は20チーム前後、5:30〜12:00までで戦いの火蓋は切って落とされた!

まずはモーニングバイトを取る為ある岬へ直行!ここで開始から数投目にターミネーターにヒット!直後、私にもヒット!!サイズはイマイチだが、開始数分で2本もキーパーが獲れてしまった。
「イージーに獲れる時間帯にキーパーを揃えましょう!」ということで、少々バイトが遠のいた為、すぐに移動。
次のポイントに行く途中のカバーをラバージグで撃つことに、なんとなく「居そうだな・・・」と思ったのだが、すぐにキーパーをキャッチ!なんなく3匹目を獲ってしまった。怖いくらい順調な展開(^^

次に別の岬に到着。ここでなんと2連続バラし(TT TT
獲っていれば5匹揃っただけに少しショックでした・・・。気分を変えるため、別のポイントへ

先行者が居たが、ちょうど空いた為すかさず入る。程なくしてクランクを引いてたターミネーターが、見事キロアップをキャッチ!負けじと私もキロを釣り上げる!この時点で推定3kgチョイ/5本、時間が7:30。あとはキッカーを釣ることに集中することとなった!

その後、ジワジワとウェイトアップを図り、4kgを越えた辺りで伸び悩む時間が続いていた。魚は釣れるのだがデカいのが出ない・・・、そんな状況にとうとうターミネーターが喝を入れた!

カバーを撃っていたロッドをひん曲げたのは1700gのキッカーフィッシュ!!
ウェイトも5kg近くあるはず。事と次第では優勝が狙えるポジションになってきた。

さらに入れ替えを行い、優勝の2文字がチラツキ始めた終了1時間前、事件は待っていた・・・

なにげなく覗いたライブウェル、1匹がお腹を見せている( ̄△ ̄;)
「やばいッ!」と思ったが、回復の兆候が見られずやむなくリリース・・・
今までこういった事態が無かったので余分なキーパーは入れていない。なんと釣れに釣れてたハズが4匹になってしまった・・・

ボヤいても始まらない。残った時間でもう1匹獲るしかないのである。刻一刻と時間は過ぎて行く・・・
「もうダメか!?」と思った終了10分前、奇跡のキーパーが僕のワームを襲った!慎重にキャッチし、なんとか5匹で帰着となった。「ハァ〜」疲れた。

検量をドキドキ(*^^*しながら見守るが、やはり上には上がいるもので、1位はなんと6kgを越すウェイトを持ち込んでいた・・・

結局、4800gで3位という成績。それでも自分の中では立派な成績である。
そんな中ターミネーターの釣った最大魚が見事「BIG FISH賞」を獲得!

おめでとう!ターミネーター!!

これで全ての日程が終了。色々あった3日間だったが最後がイイ形で締める事ができ、とても良かった。ターミネーターも満足していただけたようで、万々歳で終わる事が出来ました。

PS:この後「うどん」を堪能したターミネーターは、夜の夜行バスで帰京、朝がた東京に着いて、そのまま出勤という荒業に出たのであった。さすがターミネーター・・・

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.