Fishing Report 2004/07/04

Date 2004/07/04
Field 西讃の池
天候 晴れ
水温 28.5〜29.5℃
TITLE:ショックさんの進水式と「Kさん」の優雅な休日
ショックさんが新たにボートを購入されたので、いつもの池で進水式、の計画だったのだが、昨日の僕の釣果を聞いてプラン変更。一路西にある釣れ釣れの野池に向かった!

進水式とのことなので、ドンペリが飲めることを期待していたのだが、残念!そんな話は微塵も無かった(TT TT
そればかりかお神酒も無し!おそらくショックさんは神の逆鱗に触れて、湖上で燃えてしまうかもしれない!?そんな不安に駆られるのは、おそらく僕だけではなかっただろう、無事を祈る!ショックさん(^^;

と、まあ冗談は置いといて実釣スタート。今日のパートナーは「K」、泣く子も食べる坂出の「K」である。粗相のないように気をつけなければ。

まずは2人してトップを投げまくる。普段はあまりやらないので、こういった場所では投げてみたくなる、が全然飛び出してこない・・・「こんなハズでは!」と、投げまくるが太陽が照りつけ始めてしまい、早々に終了。テキサスリグ、ラバージグでカバーを狙うことにした。

カバーにタイトに、そして奥に入れると子バスながら飽きないなペースで釣れて来る。欲を言えばキロくらいの魚が欲しいところだが、今日はお留守らしい。
船上では「K」のウィットに富んだ釣り談義が弾んできた、なんと「K」はワームフックは3/0以上、ブラッシュホグは大のみ「ベイビー、タイニーなにそれ??」って感じらしい。さすが男、大物である。いつもながら「K」と話すと自分の小ささが見えてきてしまう、私はもっと修行を積まなければ
そんな折、Kにヒット!しかし子バス・・・さすが「K」シャレも一流である(^^

そんな訳で「カバーの奥に放り込めば子バスがHIT」という見事な!?パターンを発見。日が昇って暑くなるまで釣り続けてました。

しかしになってきたなぁ。昼間はまともに釣り出来ません(^^;

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.