Fishing Report 2004/07/25

Date 2004/07/25
Field 近所の池
天候 晴れ
水温 30.4〜31.5℃
TITLE:酒気帯び釣行
前日に思いがけず番長とバス談義で盛り上がり、そうなるとお酒も進むわけで(^^;
24時まで飲んで3時半に起床。酒抜けてないし・・・(TT TT

本日はなにかと勉強になるお話を聞かせてくれる2号弟、AGさんと同船して、 来週に迫った第6戦のプラも兼ねた釣行となった。
行きの車の中から「気持ち悪ぅ」などと言いつつも、重たいバッテリーを積み込んでスムーズに準備を進め、いざ出船!今日も軽快にエレキは進む・・・ハズなのだが、どうもスピードが遅い!?それになにやらトランサムが下がり気味!?ここで気づきました「栓忘れてる!!」ダッシュでUターンしてスタート地点へ。早く気づいて良かったぁ(^^;

急いで溜まった水を掻き出し、再スタート!まずはとある岬へ向かった。ここで風下にいたAGさんが一言「コバさん酒臭い・・・」 Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン!
この「異臭攻撃」がボディーブローのように効いてくることになるとは、この時点ではまだAGさんは気付いていないのであった( ̄ー ̄)
しかしファーストポイントはあえなく撃沈・・・早々に次のポイントへ向かった。

フィーデングに出ているであろうバスを狙って、テキサスリグのワームをキャスト。数投目で強烈なバイト!しっかりフックアップして本日1本目をキャッチ。まずまずのサイズだ。
続いてキャストするとまたバイト!同じようなサイズをキャッチ。さらに数投後またもやバイト!これもナイスサイズで、立て続けに3匹キャッチ!「た、楽しすぎる(^^」

最近同じ場所で3連荘なんて、私にしては珍しいので結構嬉しかったです(*^^*
さらにAGさんもイイサイズをキャッチし「2人して今日はバコバコじゃぁ!」と、この展開なら誰もがそう信じると思うのだが、そうは問屋がおろしません(TT TT
(しかし、この3連発がAGさんには結構効いてたらしい(^^;)

その後私はま〜ったく釣れない時間を延々と過ごすが、さすがはベテランAG、ポロリポロリと追加。しかし、サイズが伸び悩むようだ。
そこで向かったのは最上流部の川筋、ここでAGさんが呟いた「分かった、読めた!」「えぇ!マジで??!Σ( ̄口 ̄;; じゃあ3投以内に釣ってください!」
と言って数え始めた3投目「おっしゃー!!見たか!ガハハハ!!」AGさんが雄叫びを上げた。そして上がってきた物体は50オーバーの・・・
『ナマズ』でした(TT TT

この後、追加するもサイズが出ないAGさん、反面私は釣れないものの出ればキロ。といった展開にAGさんの精神は加速度的に崩壊していった(^^;

しかし全体的に釣れないし暑いしで、ちょっとバテ気味。そこで気分を変えて流れ込みへ向かった。

ここでAGさんが2連発!しかも1匹はブリブリの短い(といっても40オーバー)割りに太い、カッチョエー魚をキャッチ。
これで少しAGさんが現実に戻って来れたようだった

時間も無くなってきたので、最後に朝連発したポイントでということになり移動。
到着後、私は迷うことなくテキサスリグをキャスト。数投後キロアップと格闘する私が居た(^^
これをキャッチし、立ち直りかけていたAGさんがまた少し離れた場所に行ってしまった・・・さらに、

数投後、竿に微妙なバイトを感じ思いっきりフッキング!強烈な突っ込みの末上がってきたのは50cm/1700gのビックフィッシュだった(^^

これにてAGさんの精神は崩壊、どうやら私が騙していると思い込んでるようだった(  ̄д ̄;)「騙してませんって・・・」

ここでストップフィッシング。
次の試合に向けて使えそうな釣り方を確認することができ、有意義な釣行となった。

AGさん!たまには僕も釣らせてくださいよ!?てことで来週も頑張りましょう!!

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.