Fishing Report 2004/08/13

Date 2004/08/13
Field 近所の池
天候 晴れ
水温 30.6〜31.8℃
TITLE:おれがAGだ!?
仕事が夏期休暇になったものの、人は多いし暑いし「家でゆっくり溜まった映画でも見ようか・・・」などと思っていたのだが、急遽AGさんから連絡が入り釣行のお誘い。
で、まあ誘われると行きたくなるもので、いつもの池に出撃することとなった。

準備を済ませ、いざ出船!まずはスロープ近くの岬とその奥のワンドをチェックする、しかし朝一にも関わらず反応がない為、早々の移動。
AGさん 「去年のこの時期に8Kg獲ったんだけどねぇ」
「マジですか!?それって一日に釣った総重量・・・じゃないですよねぇ!?」
AGさん 「友達は11Kgとか獲ったらしいよ」
「11Kgって・・・」
と、言う訳でいくらなんでも11Kgは無理なので、今日の目標は8Kgとなった。
ってゆーか私的には8Kgも夢の数字、最近になってやっと5Kgくらいが釣れるようになって来たのに(^^; まあ、目標は高めに設定ということで・・・

しかし目標を設定したにも関わらず、一向にバスの反応はなく釣れても小バスと言った状態のまま、時間は7:00を過ぎてしまった。

何度かの移動の後入った岬。ここでやっとAGさんにキロの魚がヒット!しかし後が続かず移動、上流方面へ船を進めた。

風もあまり無くドピーカン、私には釣れる気ゼロ(TT TT
しかし次に入ったマイナスイオンたっぷりのポイントは違う!バスは必ず居るのである!!でも最近はスれてて釣れないのである・・・(^^;
しかし、タイミング良くオカッパりが退いた為すかさず入る、決してAGさんが凄んだ訳ではない!?

2人してキャストを繰り返す、しばらくして私がレギュラーサイズをキャッチ。
「今日は釣れる( ̄ー ̄)」と思った矢先、AGさんのロッドが絞り込まれた!
ずいぶん重そうな感じ。(◎_◎;)
上がって来たのは「今は春か!?」と思いたくなるようなブリブリのブリ子ちゃん(*^^

40そこそこながらウェイトは約1500g これでもかっ!というくらい餌を食べてるナイスバスだった。
ここでしばらく粘り、爆釣だ!と言えるくらいバスをキャッチすることに成功。
少し離れた場所を狙う為移動、ここでルアーをクランクにチェンジ、水中のカバーを狙うことにした。

巻き始めて「ちょっと失敗だったかな??」と思うくらい入り組んだカバーだったことに気付く・・・

数回巻くごとに絡んでくる木の枝を慎重に乗り越え、根掛りしないようにクリアーしていく。
すると数回乗り越えたあたりで、明らかに木の枝とは違う感触「キター!」と渾身のフッキングでカバーから引き離すことに成功、と同時に猛烈に再度カバーに向かって突き進む魚!ギリギリとロッドは絞り込まれる。
正直こんなに引くのはバスじゃないと思えるくらい、パワフルな引き。ネットに収まったのは、またもや餌を食いまくった1450gフィッシュ!長さは44cmと短くて太いバスでした。
しばらく同じポイントを攻めるが反応は少ない。「そろそろ移動かなぁ」と思った矢先、「うおりゃぁぁ」とAGさんが叫んだ!「イイ魚だ!ネット、スタンバイじゃあ!!」とのことなので急いでルアーを巻き取りネットを構える。

緊張の一瞬・・・
そして姿を見せたソイツは、
「スーパーゴンザレス!!」 まるで鯛かメジナか!?くらいに盛り上がったおでこと背中!久々にバスを見て緊張しました(^^;

ネットに納まったの50cm/2kgオーバー(これ以上の計り持ってません・・・)のブリブリバスだった。
サイズを聞いて「あれっ??」って感じだったのだが、50しかない(といっても立派ですが・・・)。ネットに収まった時、55はあるかも?と思ったのだが、その並外れた体高が目測を狂わせたようだった。逆に言えばそれくらい体高のあるデブバス、長いことバス釣りやってきたが、こんな魚体は雑誌かビデオでしか見たこと無かったです。

これで5本のウェイトがとうとう7Kgを超えてしまった(^^;
目標の8Kg(半分冗談だったんですが・・・)まで1500gフィッシュを1本獲ればイイだけ、実にたやすい・・・訳ないじゃん(^^;

この後、2人でキロアップを含むグッドサイズを数匹追加し、昼過ぎに終了となった。
目標には届かなかったものの、余裕の7Kgオーバーで満足のいく内容になったとともに、この池のポテンシャルの高さに改めて驚いた釣行でした。

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.