Fishing Report 2004/09/18

Date 2004/09/18
Field 近所の池
天候 晴れ
水温 28.0℃
TITLE:これをやるために!(04秋讃岐バスツアー2日目)
「プレデターご一行讃岐バスツアー」2日目はホームレイクである近所の池へ発射となった。
ここならいつも来てるし、先週もサイズを問わなければそこそこやっつけていたので、それなりに釣れるでしょう?ということで、昨日と同じペアで出船。

実はY田くんとの讃岐到着前のメールのやり取りで、雑誌でよく見る「5本持ち」をしてみたい!という申し出があったので、試合ではないがライブウェルを装備しての出船となった。なんとかイイのを5本揃えて、讃岐の思い出を作ってもらわなければ!

しっか〜し!そんな思いを嘲笑うかのように、その日「いつもの池」は沈黙してしまっていた・・・
開始から2時間ほどノーフィッシュ状態が続き、さすがにヤバイと思い始める。頭の中で少ない引き出しを開けたり閉めたりしながら、思いを廻らせる。
ここでフージー艇と合流、状況を聞くと、やはりあまり良くないものの、なんとかキャッチしているようだ。「マ、マズイ・・・」( ̄□ ̄;)

もしかしたら浅いカバーかな?と、シャローのカバー撃ちを試みる。
と、しばらくしてどシャローのゴミ下に放り込んだラバジにフォーリングでバイト!と同時に思いっきり合わせて引きずり出した魚はキロ近いナイスフィッシュだった。

この後はもうカバーを撃って撃って撃ちまくる!
スキッピングやピッチングで奥に放り込み、数匹のバスををキャッチすることに成功。
そして、とあるカバーでY田くんのロッドが大きく絞り込まれた!「デカッ」と叫んだ後、なんと木に巻かれてしまったようでピクリとも動かない。
無理かな?と思った瞬間、運良くカバーから出てきてくれた!「逃がしてなるものか!」とネットを構え上がって来たのは、最近の定番「デカなまず」でした・・・

気を取り直してカバーを撃っていく。なんとかキャッチは出来るもののサイズが伸びず、良くて7〜800gといったところ。
ここで取っておいた1級ポイントへ向かった。

フージー艇も加わって2艇で撃ちまくるも反応は悪く、バイトすらない。「スイッチ入らないとダメかな?」と思い始めた頃、Y田くんがキロ近い魚をキャッチ!
「時間を空けて入りましょう」と、このポイントを見切り別の場所へ向かった。

このあたりから微妙に風が吹き始めた為、開始直後は反応が悪かった深い場所を撃ち始める。
すると狙い通りにナイスバスをキャッチ!しかも私にまででかナマズがヒットする始末。あまり釣った事が無いので面食らいましたヽ(`Д´)ノ

しばらく粘り、程よく風も吹き始め、時間も空いた為先ほどのポイントへ入り直す事とした。

ここでY田くんは必殺ワームをリグり、おもむろにキャスト開始。
数投後「きたぁー!」の雄叫びに振り返る、すると竿はエライ勢いで絞り込まれ、一目でビックフィッシュだと判る魚と格闘するY田くんが居た。

「慎重に」と声を掛けネットを構える、姿を見せたそいつはゴンザレス! 何度かの突っ込みをいなして、ネットに収まった瞬間2人して叫んでました(〃*`Д´)

ここでストップフィッシング。なんとか最後にデカバスもキャッチでき、讃岐に来ていただいた甲斐があったというもの(^^

そしてお待ちかねの「ふんがータイム」夢の5本持ち達成で2日目の終了となった。

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.