Fishing Report 2004/11/14

Date 2004/11/14
Field 近所の池
天候 晴れ/雨
水温 16.5℃
TITLE:限定戦プラ その1
12/5に予定されている香川最強(ウソです・・・)を決める限定戦の為、早々にプラに出る事となった。
というのはまあ冗談で、最近バスが釣れなくてスランプ気味、なんとか脱出したく、少しでも浮かんでいたかったんです(^^;
当初釣行が危ぶまれていたのだが、急遽AGさんから連絡が入り、出撃となった。

6:00に現地到着、相変わらず超減水傾向のためトレーラーは厳しそう・・・
仕方なく2人で「ハアはあ、ゼエぜえ」言いながら転がして、なんとか進水成功。さらにブツブツ言いながらバッテリーを運んで、なんとか実釣開始となった。

まずは岸沿いをクランクで探っていく、前日に読んだバスワールドの藻理象の記事を思い出し、頻繁にルアーローテーションを繰り返す。(←浅はかMAX)
数個目で激チビをキャッチ、その後もひたすら鬼クランカーと化すも反応は無く、一路上流を目指してエレキを踏んだ。

やはりクランカー!と言うことで、投げては巻き、投げては巻き、ダメならルアーチェンジ、を繰り返す。しばらくしてレギュラーサイズをキャッチすることに成功。
さらに上流に向かっていくが、水温がどんどん下がっていき、反応も鈍いので前回の試合でAGさんが調子良かったエリアに向かうことにした。

ここで2人ともまずまずのサイズを数匹ずつキャッチ。
どうやら魚は回遊しているようで、パタパタッと釣れて、間が開いてまた釣れるというものだった。
しばらくして私に鋭いアタリ!「コイツはでかいぞ」と思ったのもつかの間、物凄いヘッドシェイク・・・
60cmくらいの怒雷紋でした(TT TT 今年はコイツをよく釣るなぁ・・・

ひとしきり釣ったのと時間も押してきたので、最後に大物実績ポイントへ向かうこととなった。

しばらくして、岸沿いのカバーを撃っていたAGさんがフイに叫んだ「大物じゃあ!ガハハハ!!」
上がってきたのは見事な2Kgup餌を大量に食ったボテボテでした。
恐るべしAG・・・

と言うわけで、まあまあの感触を得てプラ終了。
しかし秋バス(になるのかな?)って難しい・・・

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.