Fishing Report 2005/05/28

TITLE:ちょっと癒され
Date 2005/05/28 Field 例の池
天候 晴れ 水温 -℃



気合を入れて出撃した昨日、見事なまでの玉砕にちょっと落ち込んでいた私の携帯が鳴った。

青年H 「ナイター行かない?」
私 「行く」(即決)

という訳で、Hさんの相方少年NAGさんも参加して冬に爆発していた池へと向かった。テーマはずばり「あの頃の自分を取り戻せ」である。
そう、あの頃の俺は違ったさ、ナイフのように尖っては触るもの皆傷つけてたさ
(意味不明・・・)

まずはブルーザーで菱藻(←字あってる?)に絡めながら広範囲を探っていくが、イマイチ・・・というかサッパリ反応無し

場所を変えて品を変えてと続けていると、Hさんに最初のヒット!
コンディションの良いナイスプロポーションだ

続けざまに離れた場所で釣っていた少年が走ってきた、手にはこれもナイスなバス

この池って爆釣の経験は無いけど、釣れるのはブリブリばっかだなぁ(^^

この時点で釣ってないのはAGさんと私のみ・・・
「やばい、この状況から早く抜け出なければ」
この時点で2人の間に「一人ボウズだったら面白いのに、それはお前だ!」みたいな雰囲気が漂っていた(^^;

不意に
AG:「うお!来た!!うわっバレたぁ・・・」
私:「危なかったぁ」(心臓バクバク)

などとやってる間に非常に小さいバイトがあったのだが、フッキングに至らず、まだ居るだろうとキャストを繰り返していた。
するとまたしてもコツコツしたバイト!少し送り込んでフッキングするとノッたものの、激豆サイズは明らか
「まあ、これでボウズ脱出だ、フッフッフ」
と抜き上げてビックリ、ギルでした(TT TT
久々にギル釣ったよぉ・・・

それでもめげずにキャスト繰り返す、菱藻の間をすり抜けるように巻いていく
そしてすり抜けた瞬間、明確なバイト!すかさずフルフッキング!!
いや〜テキサスってこの瞬間がたまりませんね(^^
あがってきたのはグッドコンディションの40オーバー
「癒されたぁ」(*^^

そしてボウズ脱出!悔しがるAGさん

しかし、その後は時合いが来たようで、それぞれグッドサイズをキャッチ成功
AGさんに至っては50近いブリ子ちゃんをキャッチしてご満悦でした♪

くだらない話で盛り上がったり、非常に楽しいオカッパリでした。
皆さん、また行きましょう!

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.