Fishing Report 2005/07/22

TITLE:ミモ帯VIII
Date 2005/07/22 Field 愛媛のダム
天候 晴れ 水温 28〜29.5℃

師匠とともに大減水からちょっと回復した愛媛のダムへ出撃!
ボートが下ろせるか不安だったが、なんとかランチング成功、5:00過ぎに出船となった。

まずはバックウォーターへ!とバウを向けるが、減水の為、いつも行ける場所まで水が無い・・・
「仕方ないなぁ」とゴミの下を狙うことに、ここでいきなり師匠のジャバが炸裂!
ゴミから湧いてきたのは見事なキロアップ!
続いてゴミに放り込んだ私のジグにアベレージがヒット!!

「こりゃあ今日は楽勝か!?」

ひとしきり撃ってからエンジンに火を入れダムサイト方面へ
約1年ぶりの船外機「うおぉぉぉ!きんもちイ〜」などと叫びながらフルスロットル(^^

ダムサイト近辺に到着、まずは大木が沈んでる場所が目に付いたのでエレキを降ろした。

ここで私の必殺スライドスイマー登場!

「うぉりゃぁぁぁ!!」と気合のキャスト、沈んだ木の横をスィースィーと泳がせると、出るわ出るわ子バスの群れが・・・(^^:
「お母さん待ってよ〜」ぐらいの勢いで湧いてくる、もちろんスライドを食いきれるサイズではないのだが、ボート際まで寄ってきた子バスに師匠の「ゴッドハンド」が容赦なく襲い掛かる
次から次へと水揚げされていく子バス達、

「世の中には怖い大人がいるんだよ子バスちゃん」(TT TT

結局スライドを炸裂させるビッグはお目見えせず、ワンドの奥へとボートは進む
ここでショボイインレットを発見!
遠くから最奥を狙ってジャバると突付くようなアタリ、フックアップせずにそのままボートを進めると50を軽く超えたおデブが悠々と去っていった!?

「お前だったのかぁ!!」←悲痛な叫び

これで火がついて、ジャバ祭り!
あっちでジャバ、こっちでもジャバ!と狂ったように投げまくる(*^^

が、たまにバイトはあるものの、小さかったり、スッポ抜けたりで結局キャッチはできず、ジャバと心中してしまいました(TT TT

その間、ゴッドハンドは冴え渡り次々とバスをキャッチ!

とある大木ではミモ帯8連続キャッチ!?を達成。
それを見てたまらなくなり、私もライトリグにチェンジ、インチワッキーで数釣りを楽しみました。

まあ、釣れなきゃ楽しくないしね(^^

サイズは伸びなかったものの、数的には十分満足な結果となりました。

「見えたわ!!愛媛のダム」!?

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.