Fishing Report 2009/03/18

TITLE:学習能力ないのか?
Date 2009/03/18 Field 旧吉野川
天候 晴れ 水温 11℃

平日にも関わらず代休とって旧吉に出撃!
しかも、全然仕事では関係ないAGさんもなぜか一緒 Σ(・ε・;)

今回、あまりイイ思い出・・・ってか、ここ最近はまともに釣れた事すらない旧吉に来たのは、ネットというハイテクを駆使し、入念なるリサーチに基づく判断であり、決して安易な爆釣情報に踊らされて来た訳では・・・・

あるよー♪

だってどこのサイト見ても『爆釣』やら『ウハウハ』といった、景気のいい文字が並び、しかも平日!

こりゃー釣れたも同然でしょ〜 ( ̄▽ ̄ )

ボートを降ろしてまず向かったのは今切下流のリップラップ帯
2〜3m位にボートポジションを取り、普段はやることのない「じゃあくべいと」なるものを投げまくる

でも・・・

釣れない・・・


次に向かったのは葦が生えるエリアで、沖にブレイクが絡むエリア
このブレイクの上を通すイメージでシャッドを投げていく

執拗に絡みつくトロロ藻に半ギレになりながら、黙々と投げていくも、たった一度だけ触った程度のバイトがあっただけ

この時点で、やや『爆釣』に黄色信号が灯り始めるが、疑惑の思いを強引に封じ込め、次に向かったのは、旧吉の大きく川がベンドするエリアにあるテトラ、さらに対岸のウィードエリアを含むブレイク

テトラの浅い方、深い方と探っていき、次は対岸に渡り、先程と同じくブレイク上を通すイメージでシャッドを投げていく

ここで後ろのAGさんに待望のヒット!

旧吉らしい真っ黒のプリメス!!
一気に上がる2人のテンション!!!

でも、しぼむのも早かったです・・・

同じような感じで撃てども投げども異常なし
この時点でハッきりと気づきました。


「爆釣?ナニソレ??」(−_−メ


このままではホゲりのヨカーん!?なので、こんな私をいつも救ってくれる水路にバウを向ける

やはり水路!期待を裏切らない
奥へ進むにつれ、みるみる水温が上がり始め、他の魚も良く見える

ここでライトリグで数本キャッチ!
動揺し始めていた心を何とか落ち着かせることに成功

ここで大きく上流に移動
堰を超え有名なスポーニングエリアへ到着

さあ今から入ろうか、とエレキを下ろし進んだ所で、またもやAGさんにヒット!!

コイツも真っ黒のプリメス
メッチャかっこいい魚体

なんでAGさんにばっか・・・(−_−;

結局狙ったエリアで反応を得ることが出来ず、どうにもこうにもショボい内容
もう半ば諦めムードの船が向かったあるエリアが、なんとか最後に救ってくれました。

水路と同じで、奥に行くほど水温が高くなる支流で、なんとボートで行ける所まで行った時点で水温17℃!

「こりゃ温泉が沸いてますなー」(・∀・)

とかバカ言いながら周りを見回すと、なんとバスだらけ!!

あんな群れは見たことないってぐらい、固まって温泉に浸かってました。近づいたら逃げたけど・・・Σ('∀`;)

結局ここでセコ釣りに走り、数だけは沢山釣ったものの、「プリメスうはうは」には程遠い内容


結局

なんだかんだ言って

実際

「旧吉は難しい」って結論に達し、すごすごと逃げ帰った次第であります。。。

それでも行きたくなるんだよなぁ、旧吉って

TOP | Profile | Fishing Report | Tornament Report | Tacle Impression | blog | BBS | Link
Copyright © 2004 Daisuke Kobayashi. All Rights Reserved.